検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Development of divertor and first wall armour parts at JAERI, Sandia N.L. and KFA Juelich

原研、サンディア国立研究所、KFAユーリッヒにおけるダイバータ及び第1壁アーマ材料の開発

秋場 真人; H.Bolt*; R.Watson*; G.Kneringer*; J.Linke*

Akiba, Masato; H.Bolt*; R.Watson*; G.Kneringer*; J.Linke*

ITER概念設計段階(CDA)におけるプラズマ対向機器のアーマ材料開発に関するレビューである(招待講演)。原研、サンディア国立研究所、KFAユーリッヒ研究所はアーマ材料開発における世界の中心的役割を果たしている。これらの研究所における最近の成果をまとめたものである。主な項目は次のようなものである。1.原研の実験結果によるとディスラプション時の損耗量は解析予測値より約3倍ほど大きくなる。2.KFAではボロン混入黒鉛の新しい製造技術を開発した。3.サンディアでは黒鉛とアルミナ分散銅の接合を実施した結果、無酸素銅をコーティングすることにより良好な結果が得られた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:28.65

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.