検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High-power and long-pulse gyrotron development in JAERI

原研における高出力、長パルスジャイロトロンの開発

春日井 敦; 坂本 慶司; 恒岡 まさき; 前原 直; 永島 孝; 今井 剛; 假家 強*; 岡崎 行男*; 白井 信行*; 岡本 正*; 林 健一*; 満仲 義加*; 小室 三男*

Kasugai, Atsushi; Sakamoto, Keishi; Tsuneoka, Masaki; Maebara, Sunao; Nagashima, Takashi; Imai, Tsuyoshi; Kariya, Tsuyoshi*; not registered; not registered; not registered; Hayashi, Kenichi*; Mitsunaka, Yoshika*; not registered

大型トカマクの核融合実験装置では、ECHとして周波数100GHz帯、全体で20MW程度の高周波電力が必要となり、1本あたり1MW以上、高効率、連続動作可能な発振器が不可欠である。このため原研ではミリ波帯のジャイロトロンの開発を進めている。すでに120GHz、460kW-0.1秒のジャイロトロンの開発に成功しているが、今回世界のトップレベルである110GHz、出力500kW級、1秒以上の発振が可能なモード変換器内蔵型ジャイロトロンを開発した。実験では2msecの短パルスで550kWの最大出力が得られ、長パルス動作では1.3秒-410kWを達成した。ほぼ設計通りの動作を確認し、今後の更なる長パルス、高効率化に対する知見が得られた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:47.68

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.