検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Erosion of newly developed CFCs and Be under disruption heat loads

ディスラプション熱負荷条件下におけるベリリウム及び新開発CFC材の損耗

中村 和幸; 秋場 真人; 荒木 政則; 大楽 正幸; 佐藤 和義; 鈴木 哲; 横山 堅二; J.Linke*; R.Duwe*; H.Bolt*; M.Roedig*

Nakamura, Kazuyuki; Akiba, Masato; Araki, Masanori; Dairaku, Masayuki; Sato, Kazuyoshi; not registered; not registered; J.Linke*; R.Duwe*; H.Bolt*; M.Roedig*

国際熱核融合実験炉(ITER)のような大型トカマク装置では、ダイバータ板の寿命を予測するためにはディスラプションによる表面材料の損耗を評価することが不可欠である。そこで、電子ビームを用いてプラズマ対向材料の損耗量を評価した。試験に供した試料は、低原子番号材料であるベリリウム及び高熱伝導の炭素せんい強化複合材(CFC材)である。特にCFC材は、スパッタリング特性を改善する目的でB$$_{4}$$Cを含浸させた材料及び高引っ張強度を有する三次元CFC材を新たに開発し、試験を行った。電子ビームの熱負荷条件は、ディスラプション時に予測される2000MW/m$$^{2}$$、2msである。試験の結果、B$$_{4}$$Cの含有量が5%までは損耗量が増加しないことが明らかとなった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:42.44

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.