検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Nuclear heating measurements for SS-316, copper, graphite, tungsten, chromium, beryllium in a copper centered assembly bombarded with 14 MeV neutrons and analysis

14MeV中性子照射された銅を中心に置いた体系中のSS316,銅,黒鉛,タングステン,クロム,ベリリウムの核発熱測定と解析

池田 裕二郎; 前川 藤夫 ; 春日井 好己 ; 宇野 喜智; A.Kumar*; M.Z.Youssef*; M.A.Abdou*; 今野 力 ; 和田 政行*

Ikeda, Yujiro; Maekawa, Fujio; Kasugai, Yoshimi; Uno, Yoshitomo; A.Kumar*; M.Z.Youssef*; M.A.Abdou*; Konno, Chikara; Wada, Masayuki*

本研究は、核発熱測定技術の開発によりITER構造材のD-T中性子に対する核発熱実験データを取得し、ITER設計に用いる計算手法及び核データの妥当性を検証することを目的とする。試験した材料はSS-316、銅、黒鉛、タングステン、クロム、ベリリウムで、全核発熱をマイクロカロリメータで、$$gamma$$線発熱をTLDで測定した。解析は、計算コードMCNP-4A、KERMAを含む核データとしてJENDL-3.2及びFENDL-1を用いた。実験と計算の比較から次のことが示された。(1)銅、黒鉛、SS-316、クロム、ジルコンは計算と実験は$$pm$$10%以内で一致、(2)ベリリウムは、JENDL、FENDLともに$$gamma$$発熱が大きく過少評価、全核発熱についてはJENDLが25%の過少評価、(3)タングステンでは、両ライブラリーとも、全核発熱、$$gamma$$発熱両方で30%の過大評価が示された。ベリリウム、タングステンの核データ、特にKERMAの見直しが必要である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:50.34

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.