検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

In-air radiobiological dosimetry of JRR-4 neutron beams for boron neutron capture therapy

ホウ素中性子捕捉療法におけるJRR-4中性子ビームの放射線生物学的線量評価

山本 哲哉*; 松村 明*; 山本 和喜; 熊田 博明; 堀 直彦; 鳥居 義也; 遠藤 聖*; 松下 明*; 吉田 文代*; 柴田 靖*; 能勢 忠男*

Yamamoto, Tetsuya*; Matsumura, Akira*; Yamamoto, Kazuyoshi; Kumada, Hiroaki; Hori, Naohiko; Torii, Yoshiya; Endo, Kiyoshi*; Matsushita, Akira*; Yoshida, Fumiyo*; Shibata, Yasushi*; Nose, Tadao*

ホウ素中性子捕捉療法を実施するに当たり、各元素に対する生物学的効果比(RBE)は重要である。原研のJRR-4の中性子ビーム設備において、各ビームスペクトル毎のRBEをそれぞれ測定した。実験は、細胞実験による細胞生存率を評価して行った。熱外中性子ビームモード及び、熱中性子ビームモード1、及び2のホウ素のRBEはそれぞれ、3.99$$pm$$0.24,3.04$$pm$$0.19,1.43$$pm$$0.08という結果を得た。実際のBNCTの臨床成績を評価するために、今後もさまざまなビームスペクトルでの細胞実験及びファントムによる細胞実験を重ねるものである。細胞実験から得られたそれぞれのビームに対するRBEとその特徴について報告する。

The RBE of dose components generated in boron neutron capture therapy (BNCT) were separately determined in neutron beams at JRR-4. The cell killing effect of the neutron beam with or without the presence of 10B was highly dependent on the neutron beam used, according to the epithermal and fast neutron content in the beam. RBE (BARBEboron) values of the boron capture reaction for an epithermal (ENB), a mixed thermal-epithermal (TNB-1), and a thermal (TNB-2) neutron beams were 3.99$$pm$$0.24, 3.04$$pm$$0.19 and 1.43$$pm$$0.08, respectively.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.