検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Heating and current drive by electron cyclotron waves in JT-60U

JT-60における電子サイクロトロン波による加熱と電流駆動

鈴木 隆博; 井手 俊介; 濱松 清隆; 諫山 明彦; 藤田 隆明; Petty, C. C.*; 池田 佳隆; 梶原 健*; 内藤 磨; 関 正美; 森山 伸一; 波多江 仰紀; 近藤 貴; JT-60チーム

Suzuki, Takahiro; Ide, Shunsuke; Hamamatsu, Kiyotaka; Isayama, Akihiko; Fujita, Takaaki; Petty, C. C.*; Ikeda, Yoshitaka; Kajiwara, Ken*; Naito, Osamu; Seki, Masami; Moriyama, Shinichi; Hatae, Takaki; Kondoh, Takashi; JT-60 Team

JT-60Uにおける電子サイクロトロン(EC)波による加熱と電流駆動についての研究を発表する。LH波により生成された負磁気シアプラズマの中心部にEC波を入射し、26keVの電子温度を達成した。規格化小半径0.3程度までの広い領域で電子温度は24keVを超える。電子温度16keVまでの範囲でEC波による電流駆動効率$$eta_{rm CD}$$を調べ、電流駆動効率が電子温度に比例することがわかった。規格化電流駆動効率$$zeta=e^{3}eta_{rm CD}/epsilon_{0}^{2}kT_{rm e}$$は0.16であった。捕捉粒子効果はEC波の吸収位置に依存し規格化電流駆動効率を減少させると考えられ、不安定性の抑制等のために必要な駆動電流と加熱パワーの評価に影響する。そのため$$zeta$$の吸収位置に対する依存性を調べた。トーラスの弱磁場側での吸収では$$zeta$$に顕著な減少が観測された。Fokker-Planck計算と合致することから捕捉粒子効果を同定した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:31.22

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.