検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

An EGS4 user code developed for design and optimization of $$gamma$$-ray detection systems

$$gamma$$線検出システムの設計・最適化用に開発したEGS4 ユーザーコード

大石 哲也; 堤 正博; 杉田 武志*; 吉田 真

Oishi, Tetsuya; Tsutsumi, Masahiro; Sugita, Takeshi*; Yoshida, Makoto

さまざまな種類の放射性線源を対象とした、$$gamma$$線検出システムの設計及び最適化を目的としてEGS4ユーザーコードを開発した。本コードは、PRESTA-CGに基づいて作製された。PRESTA-CGは、EGS4における電子輸送に関する部分を改良するとともに、組み込み体系法(CG法)が利用できるように特化されている。本ユーザーコードの主な追加機能は、線源の定義に関するものと光子の輸送に関するものとの二つに分けられる。妥当性の検証のために、開発したユーザーコードを二種類の検出システムに適用した。その結果、本ユーザーコードにより、簡易な操作を行うだけでさまざまな線源に対する複雑な検出システムの詳細なレスポンス解析が可能であることがわかった。

An EGS4 user code has been developed to design and optimize $$gamma$$ ray detection systems for several types of radiation sources. The code is fundamentally based on the PRESTA-CG, which is improved on the electron transport in the EGS4 and specialized for the utilization of a combinatorial geometry (CG) method. The main additional functions in the present user code are classified into two parts of the definition of radiation sources and the transport of photons. The developed user code was applied to two types of detection systems in order to demonstrate its availability. As the result, it was found that the present code allows the detailed response analysis of complicated detection systems for several sources with just a simple handling.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:87.47

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.