検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Total cross sections for charge transfer by multiply charged neon and argon ions colliding with various hydrocarbons at keV energies

ネオン及びアルゴンの多価イオンと種々の炭化水素のkeV領域における衝突による電荷移動の全断面積

日下部 俊男*; 宮本 吉晴*; 石田 力也*; 伊藤 浩二朗*; 畔柳 信洋*; 中井 洋太*; 白井 稔三

Kusakabe, Toshio*; Miyamoto, Yoshiharu*; Ishida, Rikiya*; Ito, Kojiro*; Kuroyanagi, Nobuhiro*; Nakai, Yota*; Shirai, Toshizo

$$Ne^{q+}(q=2-6)$$及び$$Ar^{q+}(q=2-9)$$$$CH_4, C_2H_2, C_2H_4, C_2H_6, C_3H_4, C_3H_6, (CH_2)_3, C_3H_8$$の衝突による一電荷及び多電荷の移動断面積を測定した。電荷移動の全断面積は 、一電荷及び多電荷の移動断面積の和によって求めた。ここで扱った多原子分子に対しては、イオンの電荷数と分子の第一電離ポテンシャルを関数として、原子と簡単な分子に対する古典的なオーバー・バリア・モデルでスケーリングできることがわかった。また、電荷移動の全断面積は炭化水素分子の全電子数と結合の数に依存することを見いだした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:57.71

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.