検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Fuel and fission gas behavior during rise-to-power test of the High Temperature engineering Test Reactor (HTTR)

HTTR出力上昇試験における燃料及び核分裂生成物ガス挙動

植田 祥平; 角田 淳弥; 江森 恒一; 高橋 昌史*; 沢 和弘

Ueta, Shohei; Sumita, Junya; Emori, Koichi; Takahashi, Masashi*; Sawa, Kazuhiro

日本原子力研究所において、高温工学試験研究炉(HTTR)の出力上昇試験を実施した。HTTRの燃料性能を評価するため、原子炉保護設備の1次冷却材放射能計装,燃料破損検出装置(FFD),1次冷却材サンプリング設備により1次冷却材中の放射能濃度を測定した。その結果、1次冷却材中放射能濃度は10$$^{3}$$MBq/m$$^{3}$$以下であり、Kr及びXe核種の濃度は、0.1MBq/m$$^{3}$$以下であった。$$^{88}$$Kr放出率(R/B)値は、原子炉出力60%以下において約2$$times$$10$$^{-9}$$,定格30MW出力時において約7$$times$$10$$^{-9}$$であった。事前解析による$$^{88}$$Kr放出率の予測値は、測定値とよく一致し、希ガスの放出機構が、燃料コンパクトマトリックス部の汚染ウランの核分裂により生成し、反跳から拡散へと変化することが示された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:38.63

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.