検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ITBLプロジェクトにおける仮想研究環境の構築

Virtual laboratory environment construction by ITBL project

前迫 浩*; 鈴木 喜雄; 青柳 哲雄; 中島 憲宏

Maesako, Hiroshi*; Suzuki, Yoshio; Aoyagi, Tetsuo; Nakajima, Norihiro

ITBL(Information Technology Based Laboratory)プロジェクトは、e-Japan重点計画の一つとして、6つの研究機関が主体となり推進されている。本プロジェクトの目的は、研究機関が固有に所持しているスーパーコンピュータ・プログラム・データなどの知的資源を共有化し、研究者間の共同研究を支援する仮想研究環境を構築することである。日本原子力研究所は、この仮想研究環境を実現しうるためのITBLシステム基盤ソフトウェアの開発を行っている。ITBLシステム基盤ソフトウェアは、スーパーコンピュータを接続するための認証機能や並列分散通信機能,それらを利用するためのジョブ実行支援機能,研究者のコミュニケーションを支援するコミュニティ機能などを提供する。ここでは、ITBLシステム基盤ソフトウェアの紹介のほか、アプリケーションとして開発している量子生命情報システム,数値環境システムについても紹介する。

ITBL (Information Technology Based Laboratory) project is promoted under the "e-Japan national priority program" by six research institutions. The project aims to construct a virtual laboratory which aid collaborative studies amongst researchers by allowing for sharing of intellectual properties and resources such as supercomputer hardware, software, data, etc. In order to realize this virtual laboratory environment, the Japan Atomic Energy Research Institute is developing an ITBL system infrastructure software system. Some of the highlighted functions offered by the ITBL infrastructure are: authentication for connecting to the supercomputers, parallel and distributed communication, job execution on the connected supercomputers, and formation of communities for aiding communication amongst researchers. In this passage, besides the introduction of the ITBL infrastructure, a brief introduction of the Quantum Bioinformatics and the Numerical Environmental Systems will be given as examples of the applications developed on the ITBL infrastructure.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.