検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Evaluation of ZnS-family phosphors for neutron detectors using photon counting method

フォトンカウンティングを用いた中性子検出器用ZnS系蛍光体の評価

久保田 直義*; 片桐 政樹; 上条 恵一*; 南戸 秀仁*

Kubota, Naoyoshi*; Katagiri, Masaki; Kamijo, Keiichi*; Nanto, Hidehito*

ZnS:Agは他の蛍光体に対して発光量が非常に多いことなどから、中性子シンチレータ用蛍光体としてよく使われているが蛍光寿命の中に長い成分を含むため高計数率に対応できない。このため、高計数率に対応した中性子検出器を開発するため、蛍光寿命が短いZnS系蛍光体の研究を進めた。ZnO:Zn, ZnO:Ga, ZnSSe:Agなどを製作し、シンチレータ用蛍光体としての特性の評価を行った。この結果、放電プラズマ焼結装置を用いて作製したZnO:Znが早い寿命を示すこと、また、市販のP15と呼ばれているZnO:Znの場合、波長が長くなるが$$^{6}$$LiFと組合せて中性子用シンチレータとした場合、検出効率は下がるものの蛍光寿命が短くなり、高計数率に対応できるようになることなどがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:23.11

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.