検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

火災・爆発解析コードシステムP2Aを用いたHTTR水素製造システムにおける可燃性ガスの移流拡散及び爆発に関する感度解析(受託研究)

Sensitivity analysis on flammable gas dispersion and explosion in HTTR hydrogen production system with fire and explosion analysis code system -P2A- (Contract research)

稲葉 良知 ; 西原 哲夫 

Inaba, Yoshitomo; Nishihara, Tetsuo

本報告書では、HTTR水素製造システムにおける火災・爆発事故の解析条件を適切に設定できるように、火災・爆発解析コードシステムP2Aを構成する3つの解析コードPHOENICS, AutoReaGas及びAUTODYNを用いて、漏洩ガスの移流拡散及び爆発解析における噴流の影響,ガス爆発解析における障害物,着火点位置及びメッシュサイズの影響、及び漏洩ガスの移流拡散解析における大気安定度の影響を調べた。また、PHOENICSに大気安定度を考慮するための機能追加、及びPHOENICSとAUTODYN間のインターフェイスの改良について述べた。最後に、これらの感度解析の結果を踏まえ、実規模単一反応管試験装置及びHTTR水素製造システム対象とした可燃性流体の漏洩事故解析を2ケース行った。その結果、今回設定した解析条件下では、漏洩した可燃性ガスが爆発しても、安全上重要な建屋への影響はほとんどないことがわかった。

In this report, we investigated the effects of jet for the dispersion and explosion analysis of leaked gas, obstacles, position of an ignition point and cell size for the gas explosion analysis, and atmospheric stability for the dispersion analysis of the leaked gas, with PHOENICS, AutoReaGas, and AUTODYN. Then, we carried out two accident analyses about combustible fluid leakage based on the investigation results of these effects. As a result, it was shown that important buildings related to safety was hardly affected by the explosion of the leaked gas.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.