検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Role of thermal plasma density gradient in the problem of Alfv$'e$n cascades in tokamaks

トカマクにおけるアルフェンカスケード問題における熱プラズマ密度勾配の役割

Konovalov, S. V.; Mikhailovskii, A. B.*; Shirokov, M. S.*; 小関 隆久

Konovalov, S. V.; Mikhailovskii, A. B.*; Shirokov, M. S.*; Ozeki, Takahisa

トカマクにおけるアルフェンカスケード問題における熱プラズマの局所的密度勾配の効果を理論的に解析した。アルフェンカスケードモードは、円柱モデルを理論的に示し、Breizmanらによって示されたトロイダルMHD効果より大きいことを明らかにした。このため、イオンの軌道幅より密度勾配の局所性が十分小さい場合は、熱プラズマ密度勾配の役割が支配的である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:61.88

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.