検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Role of bremsstrahlung radiation in limiting the energy of runaway electrons in Tokamaks

トカマクにおいて発生する逃走電子の最大エネルギーを制限する制動輻射の役割

Bakhtiari, M.; Kramer, G. J.*; 武智 学; 玉井 広史 ; 三浦 幸俊; 草間 義紀; 鎌田 裕

Bakhtiari, M.; Kramer, G. J.*; Takechi, Manabu; Tamai, Hiroshi; Miura, Yukitoshi; Kusama, Yoshinori; Kamada, Yutaka

トカマクにおいて発生する逃走電子の制動輻射は逃走電子の最大エネルギーを制限することがわかった。逃走電子の取りうる最小、及び最大のエネルギーはそれぞれ衝突と制動輻射によって決められている。さらに、キセノンのような高Zガスを入射することによって、ディスラプションによって励起された逃走電子電流を逃走電子が第一壁に到達する前に停止しうることがわかった。

Bremsstrahlung radiation of runaway electrons is found to be an energy limit for runaway electrons in tokamaks. The minimum and maximum energy of runaway electron beams is shown to be limited by collisions and Bremsstrahlung radiation, respectively. It is also found that a massive injection of a high-Z gas such as Xenon can terminate a disruption-generated runaway current before the runaway electrons hit the walls.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:82.53

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.