検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速炉核特性計算コードシステムEXPARAM

Fast reactor nuclear physics parameters calculation code system "EXPARAM"

飯島 進*; 加藤 雄一*; 高崎 謙一*; 岡嶋 成晃

Iijima, Susumu*; Kato, Yuichi*; Takasaki, Kenichi*; Okajima, Shigeaki

高速炉臨界実験装置FCAを用いた実験を、統一のとれた流れに従って解析することを目的に、高速炉核特性計算コードシステム"EXPARAM"を開発した。EXPARAMは、原研及び米国の研究機関でここに開発されてきた計算コードに手を加え、計算手法の統一を図りさらに計算コード間のデータの受け渡しを系統的に行えるように整備した計算コードシステムである。群定数と拡散理論及び輸送理論に基づく体系計算コード及び摂動計算コードにより、臨界性に関する実効増倍率,出力特性や増殖性能に関する反応率や反応率比及び反応度効果に関するドップラー係数やナトリウムボイド係数を計算する。さらに動特性に関連する物理量として即発中性子寿命及び実効遅発中性子割合を計算する。EXPARAMを整備したUNIX環境では、ダイレクトアクセスファイルにより計算コード間のデータの受け渡しを行う。

The calculation code system "EXPARAM" was designed to analyze the experimental results systematically measured at the fast critical assembly (FCA). Some calculation codes developed independently in JAERI and in US research institutes were collected and arranged as the fast reactor physics calculation code system. The multi-group core calculation code and the perturbation calculation code based on the diffusion theory and the transport theory calculate the reactor physics parameters such as eigenvalue, reaction rate, Doppler reactivity worth and sodium void worth. The dynamic physics parameters such as prompt neutron lifetime and effective delayed neutron fraction are also calculated. Input and Output data of calculation codes are transferred to each other using a direct access file on UNIX computer system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.