検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analytic cross sections for electron impact collisions with nitrogen molecules

窒素分子の電子衝突断面積の解析的表式

多幡 達夫*; 白井 稔三*; 左高 正雄; 久保 博孝

Tabata, Tatsuo*; Shirai, Toshizo*; Sataka, Masao; Kubo, Hirotaka

窒素分子と窒素分子1価イオンの電子衝突断面積は、低温プラズマの研究分野では重要とされている。例えば、核融合研究では、窒素ガスをダイバータプラズマに入射し放射冷却を増大することにより低温ダイバータプラズマを生成しダイバータ板の熱負荷を低減する実験が行われているが、この低温ダイバータプラズマをモデル化及び診断するためには窒素分子と窒素分子1価イオンの電子衝突断面積が必要である。ここでは、2003年までに実験的に測定された窒素分子と窒素分子1価イオンの電子衝突断面積を収集した。対象にした衝突過程は、弾性散乱,運動量移動,回転励起,振動励起,電子励起,電離,解離,発光の74過程である。収集した断面積は、図にまとめ、評価し、推奨値として解析的表式を当てはめた。解析的表式としては、Green and McNealの経験式を変形したものを用いた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:7.06

分野:Physics, Atomic, Molecular & Chemical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.