検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

中性子放射化分析法による原子炉材料中のウランの定量

Determination of uranium in reactor materials by neutron activation analysis

米澤 仲四郎; 星 三千男; Mohammad Abdullah*; 比佐 勇; 山本 克宗

not registered; not registered; Mohammad Abdullah*; not registered; Yamamoto, Katsumune

中性子放射化分析法による原子炉材料中のppbレベルウランの定量法を検討し、材料試験炉(JMTR)に使用されている材料を中心にウラン含有率を測定した。試料とウラン標準溶液を原子炉で照射後、ジルカロイ,ステンレス鋼,アルミニウムおよび脱塩水試料についてはTTA液液抽出法を用い$$^{2}$$$$^{3}$$$$^{9}$$Npを分離して、黒鉛とベリリウム試料の場合には化学分離をせずに直接、$$gamma$$線スペクトロメトリーにより$$^{2}$$$$^{3}$$$$^{9}$$Npを測定する方法でウランを定量した。分析値の正確さはジルカロイ標準試料中のウラン定量値が表示値と良い一致を示した事から確認された。原子炉材料中のウラン含有率は、ジルカロイ:40~200ppb,ステンレス鋼:50ppb以下,アルミニウム:200~300ppb,ベリリウム:10~40ppbであった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:80.14

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.