検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Gamma-ray absorbed dose measurements in media with plural thermoluminescent dosimeters having different atomic numbers

原子番号の異なる複数の熱蛍光線量計を利用したガンマ線吸収線量測定法

田中 俊一; 笹本 宣雄

not registered; not registered

種々の物質中での熱蛍光線量計(TLD)のエネルギー吸収補正係数1/fを一般化された空洞理論にもとづき、系統的に調べ、実効原子番号の異なる複数のTLDを利用して任意の物質中のガンマ線吸収線量を測定する方法を提案した。この方法の特長はガンマ線スペクトルに関する情報を一切必要とせずに任意の物質中でのガンマ線吸収線量が測定できることにある。本方法の適用性と測定精度を調べるため、中心に点状の$$^{6}$$$$^{0}$$Coガンマ線線源を持った鉄、鉛、ポリエチレン媒質中のガンマ線吸収線量を測定し、予じめ精度評価を行った輸送計算コードによる計算値と比較した。その結果、測定値は計算値と$$pm$$5~$$pm$$10%以内で一致することが明らかにされた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:82.29

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.