検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

中性子共鳴における化学結合の効果

Effects of the chemical bond in neutron resonance

井出野 一実

not registered

原子核に中性子を入射すると、複合核レベルに相当する中性子エネルギーで中性子は共鳴吸収される。孤立したレベルの共鳴線のかたちはBreit-Wignerのsingle-level formulaであらわせるが、実際に観測されるものは試料中の原子の熱振動のためにDoppler効果をふくんだものになる。試料として気体をもちいたときには、Doppler効果でひろがった共鳴線はよくしられている$$psi$$-関数であらわされる。結晶に束縛された原子による中性子共鳴吸収のDoppler効果についての理論は、はじめてLamb$$^{1}$$$$^{)}$$によって1939年にあたえられた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.