検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

IAEA「熱中性子炉の燃焼度予測パネル」報告

IAEA report on 'A predictive panel for the burn-up of a thermal neutron reactor'

望月 恵一

not registered

燃焼度に関する国際会議は、最近、昨1966年3月EACRP主催の「燃焼度コードの専門会議」と、本年1月、3月、同じEACRP主催の「燃節度解析のためのシンせシス計算コードパネル討論会」とがあった。今回、それに引き続いて、IAEA主催の「熱中性子炉における燃焼度の予測」と題するパネル会議が、4月10日より14日までウィーンで開かれ、私は日本原子力発電(株)の立花昭氏と共に出席した。参加は14カ国、その他ユーラトム、ENEAの2団体が加わり、総数は約30名で行われた。提出論文は15編である。議長にはANLのスピンラド博士が選ばれ、第1表に示すような議題について討論が進められた。従前の会議と異なり、今回は特に「実験」および「理論と実験との比較」という議題が入ってきた点が、この会議の意図を暗示している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.