検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Experimental verification of velocity bunching via shot-by-shot measurement at S-band photoinjector and linac

S-バンドフォトカソードRF電子銃と線形加速器におけるバンチ測定による速度集群の実験検証

飯島 北斗; 上坂 充*; 坂本 文人*; 上田 徹*; 熊谷 教孝*; Serafini, L.*

Iijima, Hokuto; Uesaka, Mitsuru*; Sakamoto, Fumito*; Ueda, Toru*; Kumagai, Noritaka*; Serafini, L.*

「速度集群」と呼ばれる圧縮方法の実験的な検証を報告する。 線形圧縮に基づく速度集群は圧縮器として進行波型の加速管を使用する。 実験は東京大学の原子力工学研究施設にあるS-バンドのフォトカソードRF電子銃と線形加速器を用いて行われた。1バンチごとのバンチ長はフェムト秒ストリークカメラにより、バンチあたりの電荷量1nCに対して、平均0.5$$pm$$0.1ps(rms)と測定された。この結果はPARMELAによるシミュレーションとよく一致している。

We represent an experimental verification of a bunch compression method named "velocity bunching". The velocity bunching based on the rectilinear compression uses a traveling wave accelerating tube as a compressor. The experiment was performed by an S-band photoinjector and a linac at Nuclear Engineering Research Laboratory, University of Tokyo. The shot-by-shot bunch length was measured to be 0.5 $$pm$$ 0.1 ps (rms) in average by the femtosecond streak camera for a bunch charge of 1 nC. The experimental result is in good agreement with PARMELA simulations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:33.54

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.