検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

大規模データの可視化処理速度調査

Report on processing speed for visualization of large-scale data

星 芳幸; 久米 悦雄

Hoshi, Yoshiyuki; Kume, Etsuo

近年の科学技術計算は、計算機の高速化と記憶容量の増大により計算規模が飛躍的に拡大し、そこから得られる計算結果も膨大なものになってきている。これに伴い、この膨大な数値データを理解するためのポスト処理、すなわち可視化処理が非常に重要な役割を担うようになっている。一方、可視化を行うための画像処理用計算機においては、この大規模データの可視化処理はまだ大きな負荷となっているのが現状である。このため、原研既設の画像処理用計算機を対象に、汎用可視化ソフトウェアを用いて大規模データを処理する際のハードウェアごとの描画速度の調査を実施した。本報告は、この調査結果に基づき、可視化データの規模と使用すべき計算機について、その利用指針をまとめたものである。

In scientific and engineering calculations, recently, computational sizes and amounts of calculated results have been increased rapidly due to speedup of computers and increase in memory size. Post processing or visualization of a huge amount of numerical data plays a very important role for understanding the meaning of the data. Computational loads for visualization of large-scale data are still heavy even for graphic computers. Processing speeds for visualization of large-scale data are measured using general-purpose visualization software on graphic computers in JAERI. A guideline is summarized in this report to choose appropriate graphic computers according to the size of the data.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.