検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原研における群分離に関する研究開発; 4群群分離プロセス開発までのレビュー

Research and development on partitioning in JAERI; Review of the research activities until the development of 4-group partitioning process

森田 泰治; 久保田 益充*

Morita, Yasuji; Kubota, Masumitsu*

原研における群分離に関する研究開発について、研究開発開始当初より、4群群分離プロセス開発及びその実高レベル廃液試験までの成果を取りまとめ、総括した。1980年(昭和55年)頃に構築した3群群分離プロセスでは高レベル放射性廃液中の元素を超ウラン元素,Sr-Cs及びその他の元素の3群に分離する。その後研究開発された4群群分離プロセスでは上記にTc-白金族元素群を分離対象に加えられている。4群群分離プロセスについては、燃料サイクル安全工学研究施設(NUCEF)内に整備した群分離試験装置を用いて濃縮実高レベル廃液による実証試験が実施された。この間、さまざまな分離手法が研究,試験され、各分離対象元素(群)に最適な分離手法,分離条件等について多くの検討がなされた。高レベル廃液は、希ガスとハロゲンを除く第1族から第16族までの多くの種類の元素を含んでおり、分離対象もさまざまであることから、取り扱った際に起こる事象は非常に複雑である。したがって、過去の経験,知見や成果をきちんと整理して、これを今後の研究に活かすことが非常に重要である。本報告は、今後の研究開発に役立たせるため、これらの研究開発の内容及びその成果をレビューしたものである。

Research and development on Partitioning in JAERI are reviewed in the present report from the beginning to the development of the 4-Group Partitioning Process and its test with real high-level liquid waste (HLLW). In the 3-Group Partitioning Process established in around 1980, elements in HLLW are separated into 3 groups of transuranium element group, Sr-Cs group and the other element group. The 4-Group Partitioning Process subsequently developed contains the separation of Tc-platinum group metals additionally. The process was tested to demonstrate its performance with real concentrated HLLW. Until then, various separation methods for various elements were studied and selection and optimization of the separation methods were carried out to establish the process. Review of the experience, findings and results is very important and valuable for future study on partitioning. The present report is prepared from this point of view.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.