検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

還元条件下におけるチタンオーバーパックの耐食性に関する研究[1]

None

和田 隆太朗*; 西村 務*; 下郡 一利*; 井上 武*; 藤原 和雄*; 西本 英敏*; 小田 正彦*

not registered; Nishimura, Tsutomu*; Shimogori, Kazutoshi*; not registered; Fujiwara, Kazuo*; not registered; not registered

核不拡散をとりまく国際環境は大きく変化している。冷戦構造が崩壊し、核兵器国における核軍縮が進展する一方、国際的プルトニウム管理及び核物質防護に関する一層の充実が求められている。このような状況下で、今年度、以下の調査を行った。(1)国内外の核物質防護関連の動向調査・核物質防護に関するIAEAの動向IAEAが作成した「核物質防護に関する勧告(INFCIRC/225/Rev.3)」のガイダンス(指針と考察)(第1版)を調査した。・核物質防護関連の事件について核物質防護関連の事件については、昨年度に引き続き世界におけるテロ・ゲリラの動向、米国における核物質防護関連の事件及び我が国におけるテロ・ゲリラ関連事件の動向について調査した。(2)核物質防護関連の技術開発動向調査米国における核物質防護関連の技術開発の状況についてINMM会合等の資料を基にしてとりまとめた。(3)緊急時対応訓練の策定核物質防護関連事件の発生に備え、緊急時に的確な対応がとれるよう、緊急時措置要領に基づき、各種の侵入シナリオを想定した緊急時対応訓練モデル案を策定した。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.