検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

文献調査に基づく幌延地域の地質・地質構造に関する検討

Study on Geology and Geological Structure based on literature studies

舟木 泰智; 石井 英一 ; 安江 健一; 高橋 一晴

Funaki, Hironori; Ishii, Eiichi; Yasue, Kenichi; Takahashi, Kazuharu

核燃料サイクル開発機構・幌延深地層研究センターは,北海道幌延町において堆積岩を対象とした深地層の調査研究(幌延深地層研究計画)を実施している.本計画は調査研究の開始から終了まで20年程度の計画であり,現在は地上から調査研究段階(第1段階)にあたる.第1段階は,堆積岩を対象に既存の調査技術を適用し,それらの適用性を確認するとともに,調査結果に基づき地表から地下深部までの地質環境を予測することを目的としている. 本報告は,主として既存文献調査の結果を用いて,地下水流動や地下水の水質に影響を与えると考えられる堆積岩各層の広がり・厚さ,および断層など大規模不連続構造の分布・性状を把握し,地質構造のモデル化を行った.モデル作成に際しては,今後のモデル更新を行う際のデータ追跡性が保持されるよう留意した. その結果,現段階まで取得したデータにより,現段階での調査の現状,すなわち堆積岩各層の広がり・厚さ,および断層など大規模不連続構造の分布・性状に関する現在の知見,および情報の過不足を明確にすることができた.

Japan Nuclear Cycle Development Institute (JNC) is proceeding with underground research laboratory (URL) project for the sedimentary rock in Horonobe, Hokkaido. This project is an investigation project which is planned over 20 years. Surface-based investigations (Phase 1) have been conducted for the present. The purposes of the Phase 1 are to construct the geological environment model (geological-structural, hydrogeological, and hydrochemical models) and to confirm the applicability of investigation technologies for the geological environment. The geological-structural model comprises the base for the hydrogeological and hydrochemical models. We constructed the geological-structural model by mainly using data obtained from literature studies.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.