検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

我が国対象とした地下水流動解析 その3 北海道を対象とした地下水流動解析

Groundwater flow analyses in Japan; part 3 : A Case study in Hokkaido

稲葉 秀雄; 前川 恵輔; 小出 馨; 柳沢 孝一

not registered; not registered; Koide, Kaoru; Yanagizawa, Koichi

我が国の地下深部における水理学的特性を概括的に把握するための研究の一環として、北海道を対象とした地下水流動解析を実施した。解析にあたっては、文献資料をもとにして、北海道の地形や地質構造の特徴が反映されるように考慮した上で単純化した水理地質構造モデルを作成した。さらに、透水係数などの水理パラメータと水理的な境界条件に基づいて、解析モデルを多孔質媒体と仮定した3次元有限要素法による定常飽和・不飽和浸透流解析を実施した。解析結果として、以下のことが得られた。1)北海道の広域的な地下水流動の方向は、中央部に位置する山地から、山間の盆地や周辺の平野部に向かい、地下水流動の方向は大局的な地形に支配されている。2)深度方向のピエゾ水頭の変化は小さく、深度1,000m以深ではほぼ静水圧分布を示す。3)深度500m以深では、動水勾配はほぼ0.04以下である。4)海岸部での側方境界条件の違いによって、解析結果に顕著な変化は生じない。

An extensive study program has been carried out by PNC to estimate hydrogeological characteristics of deep underground in Japan. As a part of this program, groundwater flow analyses in Hokkaido were conducted. For the analyses of Hokkaido area (500 km $$times$$ 400 km $$times$$ 10 km deep), a hydrogeological model representing topography, distribution of hydraulic conductivity was developed on the strength of information available from open literature. By the use of this model, steady state three-dimensional groundwater flow under a saturated-unsaturated condition was calculated by means of finite element method. The results are as follows : (1)Distribution of piezometric head corresponds with topography in the study area. (2)Piezometric head distribution is hydrostatic below E.L.-1000 m in the study area. (3)Hydraulic gradient in the study area is less than 0.04 below E.L. -500 m. (4)Difference of boundary conditions at the shore side this model does not affect the result of the analyses.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.