検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

赤外多光子解離反応によるレ-ザ-パルス伝播特性の解析

None

鈴木 篤之*

not registered

分子中のCO/SUB2レーザーパルス伝播特性を実験的に調べ、その結果を数値モデルと比較した。試料としては、レーザーによる炭素同位体分離法において有望な作業物質であるCF/SUB2/HClを用いた。試料を封入したセルを透過したレーザーパルスの時間変化を測定したところ、半値幅が減少するという可飽和吸収に類似した非線形な吸収が観測された。この非線形吸収は赤外多光子解離が生じる条件でのみ観測された。また、パルス半値幅の減少はレーザー波長を共鳴に近付けるほど、あるいは試料圧力を増加するほど顕著になる。反応装置の大型化の観点から、有効光路長を決定する際にこの非線形吸収効果を考慮する必要があると考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.