検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

人工バリア材料における微生物の透過性及び核種の吸着性の評価(研究概要)

Study on microbial transport and adsorption behavior on engineering barrier for geological disposal of radioactive wastes

福永 栄*; 横山 英一*; 荒井 和浩*; 朝野 英一*; 千手 隆史*; 工藤 章*

not registered; Yokoyama, Hidekazu*; Arai, Kazuhiro*; Asano, Hidekazu*; Senjyu, Takafumi*; Kudo, Akira*

100%(乾燥密度1.6g/cm3)のNa型ベントナイト成型体における微生物透過は、これまでの試験結果から想定されるように、微生物の移動は検知されなかった。100%(乾燥密度1.6g/cm3)のCa型化ベントナイト成型体における微生物透過試験も大腸菌は導入部以外には検知されず、菌の移動は検知されなかった。強い還元性環境下(Eh=-500mV)でのベントナイトとNp、Puとの分配係数(Kd)への滅菌処理による影響は見られなかった。PuとNpは共に酸性側とアルカリ側でKd値が上がる傾向を示した。特にPuは、pH=3$$sim$$6付近では、Kd値が100ml/g程度なのに対し、pH=13付近では、生菌条件で40万ml/g以上の値を示している。このように、非常に高いKd値を示した理由として、Puが水酸化物沈澱を形成したことが考えられる。

It is easy to assume from the past data that microbial transport do not find at 100%-sodium bentonite. Microbial transport do not find at 100%-calcium bentonite too. There are no effects to distribution ration (Kd) of Neptunium (Np) and Plutonium (Pu) with bentonite by sterilizing on low Eh condition (Eh = -500mv). Kd values of Np and Pu show behavior, which are increasing on the hard acidic and alkali conditions. Especially, Kd values of Pu shows one of Kd value is about 100 ml/g on pH = 3$$sim$$6, but the other of Kd value is about 400,000 ml/g on pH = 13. Precipitating plutonium hydrates occurred the large Kd value on alkali condition.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.