検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速実験炉「常陽」性能試験結果(MK-I)の総括

Summary of power ascension test of experimental fast reactor "JOYO" MK-I

山本 寿*; 関口 善之*; 広瀬 正史*; 三田 敏男*; 田村 誠司*; 古平 清*; 寺田 和道*

not registered; not registered; not registered; Sanda, Toshio*; Tamura, Seiji*; not registered; not registered

高速実験炉「常陽」は昭和52年4月24日臨界を達成し,昭和53年7月にはMK―1炉心の第1期出力の50Mwtに到達した。その後予定された50Mwt定格2サイクルの運転を行ない,昭和54年7月には75Mwt出力上昇試験を開始し7月16日にはMK―1炉心の最終原子炉出力である75Mwtに到達した。昭和55年2月には連続定格出力100時間運転を終り,MK―1炉心に於ける全性能試験を終った。本性能試験は炉心及びプラントに関する約40項目の試験から成り,試験の結果,「常陽」の諸性能は設計条件を満足し,引き続き予定されている75Mwt定格サイクル運転に支障がないことが確認された。本資料は臨界から50Mwt出力上昇及び75Mw出力上昇試験にかけて実施された,「常陽」MK―1炉心に於ける全性能試験の結果をまとめたものである。

On April 24th, 1977, the initial criticality of JOYO was achieved and on July 5th, 1978, the reactor output reached rated power of 50 MW for the first time. The 75MW power ascension test was started in July, 1979, followed by two cycles of rated power operations, and the 100 hour nominal power continuous operation was completed in February, 1980. Through the tests for the core, plant it self, radiation shield and plant monitoring, the results proved satisfactory operation characteristics at 75MW. This report presents the summary of an the results obtained in the Test of MK-I core.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.