検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

DCA未臨界度測定試験体系の炉心基本特性

Evaluation of nuclear characteristics of DCA modification core for sub-critica1 measurement

羽様 平

Hazama, Taira

重水臨界実験装置(DCA)の未臨界度測定試験体系の臨界特性(重水臨界水位、水位反応度、安全棒(制御棒)反応度価値、中性子束分布)を測定し、Sn法及びモンテカルロ法による計算結果と比較評価した。未臨界度測定試験体系は体系内にボイド領域を含むため、新型転換炉(ATR)の炉心核特性評価に用いられてきた拡散コードを適用することができない。ここではボイド領域を含む体系に適用できる輸送計算コードによる計算を行い、計算精度等の適用性を評価した。輸送コードとしては、2次元SN法によるTWODANTコードと、従来原子炉の計算にはあまり適用されていない多群モンテカルロ計算コードKENOを使用した。ATR等の原子炉炉心と比較して複雑な形状の未臨界度測定試験体系の炉心核特性を評価した結果、重水臨界水位等の臨界特性については、多群モンテカルロコードKENOの評価精度が0.5%$$Delta$$k/k以内であることが確認され、中性子束の炉心内空間分布については、2次元SNコードTWODANTによって正しく評価できることが明らかとなった。特にモンテカルロコードは、炉心構造の違いによる微少な反応度変化を正確に再現しており、複雑な原子炉炉心の評価に極めて有効であることが確認された。

Critical experiments were carried out on Deuterium Critical Assembly (DCA) modification core. DCA modification core has two regions, that is, test region and driver region. The test region consists of various types of fuel and moderator, while the driver region remains the same as the original DCA core (ATR simulated core). Critical characteristics were measured with various types of core patterns and were compared with calculated values based on SCALE code system. Monte calro code KENO was found to be very accurate in the core analysis. The accuracy stays below 0.5 %dk/k in keff even if core configulation is extremely complicated.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.