検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Modeling long-term volcanic hazards through Bayesian inference; An example from the Tohoku volcanic arc, Japan

ベイズ法を用いた火山活動の長期ハザード評価; 東北日本弧を例として

Martin, A. J.*; 梅田 浩司; Conner, C. B.*; Weller, J. N.*; Zhao, D*; 高橋 正樹*

Martin, A. J.*; not registered; Conner, C. B.*; Weller, J. N.*; Zhao, D.*; Takahashi, Masaki*

将来の火山活動は,過去の地質学的データ(火山の位置、噴火年代等)によって予測が試みられているが、データが不足している地域については予測結果に対する信頼性が十分でない。そのため、地震波速度構造や地温勾配分布等の地球物理学的データを基に、ベイズ法によって将来の火山活動を予測する手法の検討を行った。

We achieve this using Bayesian inference in order to combine one or more sets of information (geophysical data) to a priori assumptions of volcano spatio-temporal distributions yielding modified a posteriori probabilities.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:73.09

分野:Geochemistry & Geophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.