検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Performance of n-$$gamma$$ pulse-shape discrimination with simple pile-up rejection at high $$gamma$$-ray count rates

None

奥田 尚徳*; 山崎 寛仁*; 川端 正徳*; 笠木 治郎太*; 原田 秀郎 

not registered; Yamazaki, Hirohito*; not registered; Kasagi, Jirota*; Harada, Hideo

本研究は、事業団と東北大学との共同研究「中性子測定による光核反応断面積の研究」により得られた成果の一部を公開論文として発表するものである。高い$$gamma$$線バッククラウンド条件下で、中性子を精度よく計測するためには、中性子と$$gamma$$線との分別を行う必要がある。本研究では、中性子分別のために特別な装置を必要としない、簡便な分別方法を開発した。この性能は、きわめて優れており、毎秒約3万カウントの$$gamma$$線場で、毎秒約50カウントの中性子を分別することに成功した。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:50.71

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.