検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Precise Measurement of Gamma-ray Emission Probabilities of $$^{100}$$Ru

None

古高 和禎; 中村 詔司; 原田 秀郎 ; 加藤 敏郎

Furutaka, Kazuyoshi; Nakamura, Shoji; Harada, Hideo; Kato, Toshio

100Ru核から放出される$$gamma$$線の絶対放出率を精密に決定するために、$$beta$$-$$gamma$$同時測定を行った。99Tcの熱中性子吸収反応で生成させる100Tcの基底状態が$$beta$$崩壊して放出される$$beta$$線を、薄いプラスチックシンチレータで、$$beta$$崩壊で生成させる100Ruの励起準位が崩壊する際に放出される$$gamma$$線を大体積高純度Ge検出器で測定した。解析では、100Ruの$$gamma$$線と同時計測した$$beta$$線の計数率の$$beta$$線のシングルス計数率に対する比を有限の$$beta$$線検出閾エネルギーで求めた。カスケード$$gamma$$線の効果を考慮するために、これらの比を$$beta$$線検出閾エネルギーゼロに外挿した値を求めた。外挿により得られた値から、100Tcの$$beta$$崩壊に続いて放出される100Ruの539及び590keV$$gamma$$線の絶対放出率が各々6.6$$pm$$0.5%、5.5$$pm$$0.3%と求まった。これら二本の$$gamma$$線の減衰を調べることにより、100Tcの半減期が15.28$$pm$$0.05秒と得られた。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.