検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

即発$$gamma$$線分光法を用いた核データ測定技術開発

Development of the measurement technique for nuclear data with prompt $$gamma$$-ray spectroscopy

中村 詔司; 古高 和禎; 原田 秀郎 

Nakamura, Shoji; Furutaka, Kazuyoshi; Harada, Hideo

核変換研究の基盤データとして重要な放射性廃棄物核種の中性子吸収断面積を測定するために、即発ガンマ線核分光法を開発した。開発した測定システムを用いて、レベルスキーム構築のために必要となるカスケード$$gamma$$線の情報を取得することが可能となった。更に、natPdの測定実験において、予備的な解析の結果、1906keVと2400keVの2つの新しいレベルを同定した。本技術開発により、従来の放射化法では測定できなかった核種の中性子吸収断面積が測定可能となる。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.