検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高レベル放射性廃棄物処分における天然現象影響評価技術の高度化

Study on evaluation method for potential effect of natural phenomena on a HLW disposal system

川村 淳; 牧野 仁史 ; 梅田 浩司; 瀬尾 俊弘 ; 石丸 恒存 ; 大澤 英昭 

Kawamura, Makoto; Makino, Hitoshi; not registered; Seo, Toshihiro; Ishimaru, Tsuneari; Osawa, Hideaki

高レベル放射性廃棄物処分における天然現象影響評価技術の「第2次取りまとめ」に対する高度化として、事例研究成果を適切にシナリオに取り込み、その上で「影響のバリエーションを適切に整理した上でシナリオを現実の特徴を失わない程度に適切に単純化すること」および「影響の伝搬等の因果関係を明らかにすること」に着目した「作業フレーム」を構築した。本論で検討した「作業フレーム」により、シナリオの「現実性」のみならず「透明性」、「追跡性」、「整合性」を向上させることができた。また,シナリオ構築あるいは影響解析の作業向上の観点から必要となる、天然現象に関するデータ・知見の種類や量あるいは品質情報、および現状におけるそれらの過不足などについて作業を通じて明らかにできると考えられる。このことは今後、天然現象の研究者が現象理解の研究フレームを効率的かつ適切に構築することにも役立ち、さらには将来の現実性や精度の高い評価の実施へつながっていくものと考えられる。

Evaluation for potential effect of natural phenomena on a HLW disposal system is an important issue in safety assessment. A scenario construction method for the effects on a HLW disposal system condition and performance has been developed for two purposes, first one is effective elicitation and organization of information from investigators of natural phenomena and performance assessor, the other is maintenance of traceability of scenario construction processes with suitable records. In this method, a series of works to construct scenarios is divided into pieces to facilitate to elicit the features of potential effect of natural phenomena on a HLW disposal system and is organized to create reasonable scenarios with consistency, traceability and adequate conservativeness within realistic view.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.