検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速炉炉心の核的空間結合特性実験と解析

None

白方 敬章; 中島 文明

not registered; Nakashima, Fumiaki

大型炉心では中小型炉心の場合に比べて,外乱に対して出力分布が敏感に変動する,制御棒干渉効果が増大する,などの現象が見られる。これは炉心の核的な空間結合が低下したことが原因である。核的ディカップリング現象を把握し,それを精度よく記述し,さらに炉心設計,炉心安全設計へのインパクトを評価することは,大型炉心の開発上必要かつ重要なことである。本技術資料では核的ディカップリングに関する動燃の研究開発の成果と現状を述べる。まず日米共同核的空間結合特性(JUPITER-I。)実験の概要を紹介し,次に核的ディカップリングに関する実験と解析の結果を静的手法によるものと動的手法によるものに分けて報告する。さらに,設計への反映についても言及する。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.