検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

自己作動型炉停止機構(SASS)の開発

None

軍司 稔

not registered

原子炉停止系のより一層の信頼性向上を目指す一つの手段として,自己作動型の炉停止機構の開発が世界的に進められている。動燃事業団では,1985年からキュリー点電磁石を駆動方式とする自己作動型炉停止機構の開発を開始した。これまでに材料の基本特性(耐ナトリウム環境性,耐放射線性),高温ナトリウム中での基本特性,熱過渡応答性の確認等の研究開発が進められ,システムとしての総合試験を残してほぼ要素試験は完了し,これまでの試験結果から実証炉へ適用出来る見通しを得ている。 本報告ではいくつかの試験の中から原理確認試験,熱過渡応答性試験結果および実証炉への適用性評価結果について紹介する。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.