検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Core-Plenum Thermohydraulics under Decay Heat Removal by Natural Circulation - Sodium Experiments for Seven-subassembly Model

None

上出 英樹 ; 家田 芳明 ; 林 謙二; 佐藤 和二郎

Kamide, Hideki; not registered; not registered; Sato, Kazujiro

自然循環を用いた崩壊熱除去は高速炉の固有の安全性の一つとして重要な役割を担っている。自然循環除熱時には、炉心部において集合体間熱移行、集合体内流量再配分、集合体間ギャップ内自然対流等の、強制循環冷却では考慮する必要がなかった現象が生じ、炉内のピーク温度に大きな影響を及ぼすと考えられる。そこで、実機の燃料集合体を模擬した7体の集合体からなる炉心部、上部プレナム、崩壊熱除去用の模擬炉内冷却器等から構成されるナトリウム試験装置を用いて、これらの現象が集合体内熱流動に与える効果、集合体を冷却する効果を定量的に把握した。集合体間ギャップでの自然対流を介して、炉内冷却器からの低温流体が集合体を冷却する効果が大きく、集合体間ギャップを自然循環時の除熱パスとして考慮する必要があることを明らかにした。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.