検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

DEVELOPMENT OF THE SYSTEM BASED CODE FOR FAST BREEDER REACTORS - PROBABUILISTIC METHODS IN CREEP-FATIGUE EVALUTION -

None

浅山 泰; 川崎 信史; 森下 正樹; 堂崎 浩二

not registered; Kawasaki, Nobuchika; Morishita, Masaki; not registered

高速炉および軽水炉プラントの設計・建設コストおよび維持コストの低減と信頼度の向上を目的として、システム化規格の開発を行っている。本論文では、システム化規格開発の要素技術のひとつとして位置付けられる確立論的クリープ疲労評価法を用いて、システム化規格の根幹となる裕度交換の可能性を検討した。この結果、FBR原子炉容器液面近傍で、材料強度および製作法と、供用期間中検査の間で裕度交換が成立する可能性があることを示した。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.