検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

LMFBR Design and its Evolution, 2; Core Design of LMFBR

None

水野 朋保; 宇都 成昭; 高木 直行

Mizuno, Tomoyasu; Uto, Nariaki; Takaki, Naoyuki

ナトリウム冷却炉心の設計研究を行った。MOX燃料炉心では、仮に炉心損傷事故が生じた場合の即発超臨界を回避するために軸方向ブランケットを一部削除した集合体を有する炉心概念について検討し、内部転換比を高めることで運転サイクル長さ26ヶ月、炉心・ブランケット平均取出燃焼度100GWd/t等の発電コスト低減化に優れた概念を構築した。同様の検討を金属燃料炉心についても行った。その結果、優れた増殖性能によりMOX燃料炉心と同出力規模で運転サイクル長さを長期化し得ること、ピン径2領域単一Pu富化度炉心概念によりMOX燃

Sodium-cooled core design studies are performed. MOX fuel core with axial blanket partial elimination subassembly due to safety consideration is studied. This type of core with high internal conversion ratio possesses capability of achieving 26 months of

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.