検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

LMFBR Design and its Evolution, 1; Fuel Design of LMFBR

None

水野 朋保; 永沼 正行 

not registered; Naganuma, Masayuki

ナトリウム冷却炉心の燃料設計の重要因子を述べた。最近の代表的な設計例としてはMOX燃料太径ピンを用いた高内部転換型炉心と出口温度摂氏550度をねらった金属燃料炉心が挙げられるが、これらは高燃焼度と高温達成をねらっておりこれが燃料設計における仕様選択の決定因子となっている。高燃焼度に対応した高照射量を達成するためにODS被覆管とPNC-FMSラッパ管を用いていることが特徴である。ODS被覆管は高出口温度達成のための高強度が必要となって採用している。高燃焼度達成のための燃料ミート仕様の重要因子は燃料密度である。

Corrent LMFBR fuel design study for future sysytem in Japan aims at achieving high burnup and high outlet temperature to get advantage of economic and resource utilization. Primary fuel integrity limiting features of such design study are core material

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.