検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Magnetic transition in the perovskite Ba$$_{2}$$CoNbO$$_{6}$$

ペロブスカイトBa$$_{2}$$CoNbO$$_{6}$$における磁気転移

吉井 賢資

Yoshii, Kenji

ペロブスカイト型酸化物Ba$$_{2}$$CoNbO$$_{6}$$を合成した。結晶構造は正方晶Pm3m、格子定数は4.0789オングストロームであり、CoイオンとNbイオンを同一サイトをランダムに占有することがわかった。外部磁場100エルステッドでの磁化率-温度曲線では、42Kに磁気転移が見られた。磁場中冷却(FC)では、弱強磁性的な曲線が得られ、一方、ゼロ磁場冷却(ZFC)では、転移温度直下にカスプが観測された。磁場を大きくすると、この磁気転移は次第にはっきりしなくなり、外部磁場50000エルステッドでは、磁気転移は消失した。低温での磁化-時間曲線は、対数依存性を示した。磁気転移温度上におけるキュリーワイスプロットからは、Coイオンの磁気モーメントの値としては、High-spin(HS)とIntermediate-spin(IS)の中間の値を得た。これらから、この転移はスピングラスあるいはクラスターグラスといったスピンのフラストレーション状態によると考えられる。ほぼ同様の結果が、類似酸化物Ba$$_{2}$$CoTaO$$_{6}$$でも得られた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:24.04

分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.