検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

FCA XIX-2炉心データによる炉定数調整, 平成11年度報告書(共同研究)

Adjustment of nuclear data using criticality data of FCA XIX-2 core (Joint research)

安藤 真樹; 飯島 進; 石川 眞*; 岩井 武彦*

Ando, Masaki; Iijima, Susumu; Ishikawa, Makoto*; Iwai, Takehiko*

新型燃料を用いた高速炉の研究の一環として、窒化物燃料高速炉の核特性に対する計算精度評価を目的とした模擬実験をFCAを用いて行った。本研究では、窒化物燃料高速炉を模擬したXIX-2炉心において測定した臨界性に関するデータを炉定数調整に反映させ、実機窒化物燃料炉心の臨界性に関する設計精度を評価した。その結果、従来の統合炉定数に本実験結果を加えることにより、実機に対する設計精度が0.1%向上した。また、数MeV付近での$$^{14}$$Nの捕獲断面積の不確かさが設計精度に大きく影響を及ぼすことがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.