検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Charge-exchange reactions with a secondary triton beam

二次生成トリチウムビームによる荷電交換反応

Sherrill, B. M.*; 秋宗 秀俊; Austin, S. M.*; Bazin, D.*; Van den Berg, A. M.*; Berg, G. P. A.*; Caggiano, J.*; 大東 出*; 藤村 寿子*; 藤田 佳孝*; 藤原 守; 原 圭吾*; Harakeh, M. N.*; J$"a$necke, J.*; 川畑 貴裕*; Navin, A.*; Roberts, D. A.*; Steiner, M.*

Sherrill, B. M.*; Akimune, Hidetoshi; Austin, S. M.*; Bazin, D.*; Van den Berg, A. M.*; Berg, G. P. A.*; Caggiano, J.*; Daito, Izuru*; Fujimura, Hisako*; Fujita, Yoshitaka*; Fujiwara, Mamoru; Hara, Keigo*; Harakeh, M. N.*; J$"a$necke, J.*; Kawabata, Takahiro*; Navin, A.*; Roberts, D. A.*; Steiner, M.*

二次トリチウムビームが560MeV$$alpha$$粒子の分裂反応から生成され、中間エネルギー領域での(t,$$^{3}$$He)反応に用いられた。実験は国立超伝導サイクロトロン施設で行われた。分散整合技術とRay-tracingを用いて350MeV(t,$$^{3}$$He)反応で分解能160keVが達成された。この結果は中間エネルギー領域で不安定核ビームを用いても(n,p)タイプの核反応を用いた核構造の研究が開始できることを意味している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:6.64

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.