検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Improved technique of hydrogen concentration measurement in fuel cladding by backscattered electron image analysis

反射電子像による被覆管の水素濃度測定

小野澤 淳; 原田 晃男; 本田 順一; 安田 良; 仲田 祐仁; 金沢 浩之; 西野 泰治

Onozawa, Atsushi; Harada, Akio; Honda, Junichi; Yasuda, Ryo; Nakata, Masahito; Kanazawa, Hiroyuki; Nishino, Yasuharu

燃料被覆管中の水素化物を反射電子により撮影し、得られた像を画像解析することにより被覆管の局所的な水素濃度を測定する手法の適用性を検討した。この手法では、試料研磨面の平滑度及び画像解析時の水素化物部の抽出方法が測定精度に大きく影響を与えるため、試料研磨法と面積率計測法について改良を行い、精度の高い水素濃度測定方法を確立した。確認試験として、未照射ジルカロイ被覆管の水素濃度を改良を行った反射電子像法にて測定し、水素濃度測定法として信頼性の高い高温抽出法による測定値と比較を行った結果、それぞれの水素濃度測定値はよく一致し、本手法の妥当性が確認された。

In the Reactor Fuel Examination Facility (RFEF), a measuring method of hydrogen concentration by backscattered electron image analysis was improved to obtain more local hydrogen concentration data in fuel claddings. The sample preparation and image analysis procedures of this were able to measure hydrogen concentration efficiently and precisely.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.