検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Gamow-Teller decay of the $$T=1$$ nucleus $$^{46}$$Cr

$$T=1$$原子核$$^{46}$$Crのガモフテラー崩壊

大西 健夫*; Gelberg, A.*; 櫻井 博儀*; 米田 健一郎*; 青井 考*; 今井 伸明*; 馬場 秀忠*; Brentano, P. von*; 福田 直樹*; 市川 雄一*; 石原 正泰*; 岩崎 弘典*; 亀田 大輔*; 岸田 隆*; Lisetskiy, A. F.*; Ong, H. J.*; 長田 光史*; 大塚 孝治*; 鈴木 賢*; 上 浩二*; 宇都野 穣; 渡邊 寛*

Onishi, Takeo*; Gelberg, A.*; Sakurai, Hiroyoshi*; Yoneda, Kenichiro*; Aoi, Nori*; Imai, Nobuaki*; Baba, Hidetada*; Brentano, P. von*; Fukuda, Naoki*; Ichikawa, Yuichi*; Ishihara, Masayasu*; Iwasaki, Hironori*; Kameda, Daisuke*; Kishida, Takashi*; Lisetskiy, A. F.*; Ong, H. J.*; Osada, Mitsushi*; Otsuka, Takaharu*; Suzuki, Masaru*; Ue, Koji*; Utsuno, Yutaka; Watanabe, Hiroshi*

$$^{46}$$Crのベータ崩壊を理化学研究所のサイクロトロン加速器を用いて初めて測定し、$$B(GT)$$値0.64$$pm$$0.20が得られた。この実験値を$$pf$$殻模型空間を仮定した殻模型計算と比較し、その相互作用依存性を調べた。KB3, FPD6, GXPF2相互作用はそれぞれ実験値を誤差棒の範囲内で説明することはできるが、これらの理論値は1.5倍ほどの開きがあり、どの相互作用が優れているかは今後の精密測定が待たれることとなった。この比較的大きなベータ崩壊確率は、準重陽子描像により定性的に議論可能であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:23.32

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.