検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of neutron capture cross sections

中性子捕獲断面積の測定

中村 詔司; Laptev, A.; 太田 雅之; 原田 秀郎 ; 藤井 俊行*; 山名 元*

Nakamura, Shoji; Laptev, A.; Ota, Masayuki; Harada, Hideo; Fujii, Toshiyuki*; Yamana, Hajimu*

原子力の社会的受容は、核燃料の燃焼で発生する長寿命の核分裂生成物(FP)及びマイナーアクチニド(MA)の核廃棄物処分に懸かっている。核変換は、核廃棄物の放射性毒性を減少させる方法の一つである。FPとMA核種の核変換研究には、原子炉中性子による反応率を評価するためには、正確な熱中性子捕獲断面積データが必要である。このような観点から、FP及びMA核種の断面積測定を、放射化法,中性子飛行時間法等の方法で測定してきている。本発表では、中性子飛行時間法による測定のためのデータ収集システム開発について報告するとともに、最近の断面積測定の進捗としてAm-241及びAm-243断面積の暫定結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.