検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of optimum manufacturing technologies of radial plates for the ITER toroidal field coils

ITERトロイダル磁場コイル用ラジアル・プレートの最適製作技術の開発

中嶋 秀夫; 濱田 一弥; 奥野 清; 阿部 加奈子*; 清水 辰也; 角井 日出雄*; 山岡 弘人*; 丸山 直行*; 高柳 貞敏*

Nakajima, Hideo; Hamada, Kazuya; Okuno, Kiyoshi; Abe, Kanako*; Shimizu, Tatsuya; Kakui, Hideo*; Yamaoka, Hiroto*; Maruyama, Naoyuki*; Takayanagi, Tadatoshi*

ITERのトロイダル磁場コイルでは、コイルに作用する大電磁力を支えるため、外径約14m$$times$$9m,幅約611mm,厚さ約112mmのラジアル・プレートと呼ばれる両側に溝を加工したD型の大型ステンレス構造物が使用される。このような大型のステンレス構造物の製作経験はこれまでにないことに加え、ラジアル・プレートには平面度2mm以内という厳しい製作精度が要求される。さらに、9コイル分のラジアル・プレート63個を約4年という短期間で製作する必要があり、ラジアル・プレートの製作方法の最適化がITER実現には必須となる。そこで、原子力機構では、ラジアル・プレートの製作方法を検討するとともに、必要となる製作技術の開発を行い、最適製作方法を考案した。本発表では、製作技術開発のために実施した試験の結果とこの結果に基づいて考案した最適製作方法について発表する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:56.65

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.