検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高温ガス炉に接続する水素製造設備の動特性解析コードの開発

Development of dynamic analysis code for hydrogen production system coupling with HTTR

佐藤 博之

Sato, Hiroyuki

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は文部科学省から「核熱利用システム技術開発」を受託し、その中でHTTRと水蒸気改質法による水素製造設備との接続について検討を行った。HTTRに接続する水素製造設備は、原子炉2次冷却系の一部を構成し、起動停止時、通常運転時における水素製造設備で発生した負荷変動は、原子炉冷却材温度の変動を引き起こし、その結果原子炉の運転に影響を与える。本システムの安全評価においては、水素製造設備に起因する負荷変動によるシステムの過渡挙動を把握するための動特性解析コードが必要である。そこで、HTTRに接続する水素製造システムの起動停止、並びに運転中の異常な過渡変化時の動特性解析を行う解析コードN-HYPAC(Nuclear Hydrogen Production Analysis Code)を開発した。本コードは、水素製造システムの静定状態(通常運転時)及び動的状態(起動,停止及び異常時等の過渡変化時)における熱物質収支及び制御系の特性を解析することを目的としたもので、中間熱交換器(以下、「IHX」と呼ぶ)から下流の2次ヘリウムガス系,プロセスガス系をモデル化した。本報は、動特性解析コードN-HYPACの概要及び解析結果についてまとめたものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.