検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究計画; 地上からの調査研究段階における深層ボーリング調査計画とその実績

Horonobe URL project; Experience on borehole investigations in surface-based investigation phase

松井 裕哉

Matsui, Hiroya

原子力機構は、平成12年度より北海道幌延町において新第三紀堆積岩を対象とした幌延深地層研究計画と称する地下施設建設を伴う研究プロジェクトを実施している。同プロジェクトは、岐阜県瑞浪市において結晶質岩を対象として実施中の瑞浪超深地層研究所計画と対をなすものであり、地上からの調査研究段階,坑道掘削中の調査研究段階,坑道を利用した調査研究段階、の3つの段階から構成された全体として約20年間のプロジェクトである。本報告は、平成17年度まで実施した地上からの調査研究段階における各種の調査研究のうち、特に重要となる深層ボーリング調査計画及びその実績をとりまとめたものである。具体的には、原子力機構の地上からの調査予測段階の目標,研究実施にあたっての制約条件,社会的条件を考慮し、年度ごとに実施した検討作業及び実績を時系列的に示し、その結果からさまざまな制約条件のもとで目標を達成するために重要と考えられる事項を抽出・整理している。

JAEA(Japan Atomic Energy Agency) has been conducting the project which is combined with construction of URL(Underground Research Laboratory) on Neocene sedimentary rock in Horonobe-cho, Hokkaido, Japan. This project, conjugate with the MIU project on crystalline rock in Mizunami-shi, Gifu-prefecture, Japan, was started FY1999/2000. The total duration of the project is about twenty years. The project consist of the following three phases; Surface-based investigation phase Construction phase Operation phase. This report summarizes the experience for deep borehole investigation in surface based investigation phase, which is most important investigation in the phase. The all deep borehole investigations had been planed and carried out in taking account of not only technical consideration but also practical and social aspects. Specifically, the report describes the important suggestions derived from the work of the deep borehole investigations.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.